ホーム > TOPICS > 宮島参道「清盛通り」を散策!
2012年01月15日  
宮島参道「清盛通り」を散策!
 ■ 新春第3弾もおめでたい雰囲気の宮島へ!
大河ドラマ「平清盛」の放送に合わせて宮島表参道の愛称を「清盛通り」に決めたそうです。いざ!「清盛通り」へ!


→ 宮島へ着くと、「清盛」からの出迎えです。
   
   「清盛通り」は、まずもみじ饅頭の「やまだ屋」からスタート!↑





← 宮島表参道商店街は、約350m、75店舗が軒を連ねます。

  
 
     
   改めて、この通りは、美味しいものが沢山あるところだと実感!
焼き牡蠣、揚げもみじ&あなごちくわを食べました。
 
     
 定番の「もみじ饅頭」も今や種類は様々。
製作実演付き、出来立てのホヤホヤを食べることが出来ます。
 
 たまには、他県から来た観光客気分で訪れるのも楽しいでしょう。
「清盛通り」としては、2月末までに愛称の入った赤い提灯を作って、それぞれの店先につるし盛り上げるそうです。
 
   ← 「清盛通り」を抜けると、鹿ではなくハクセキレイが出迎えてくれました。意外に逃げません。
西日本では冬場に河口や海岸で見られる鳥です。


続いて大鳥居&厳島神社です。潮は丁度満潮!久し振りに海に浮かぶ回廊を渡りました。
 
     
 誰も居ないこの瞬間は、実に貴重でした。  
     
   つい最近、奥田民生様が生演奏をされた「高舞台」です。
本来は清盛が伝えた舞楽が年に数回奉奏されます。
「ホーッそー・・・。」
   外国の方は、和風なところでも存在感がありました。
厳島神社を出たところにある「大願寺」。日本三大弁財天のひとつです。
朱色ばっかり見ていたら、幟がひときわカラフルに見えました。




 ↓ 宮島歴史民族資料館です。
 
   歴史民族資料館は、丁度この日(1/14)からリニューアルして、企画展示「平清盛館」を開催していました。
残念ながら中は撮影禁止でしたが、中庭を撮影してきました。
「平清盛館」は約1年間の期間限定で開催していますのでよろしければご覧下さい。
 
     
  ↓ 「清盛通り」の1本裏には、平行して「町家通り」があります。
人通りはあまりありませんが、宮島に住む人たちの生活が感じられ、所々に粋なお店が点在します。(両方訪れるといいと思います。)
   ← 千畳閣の隣にある「五重塔」は、宮島のいたる所から見える存在です。この下に来るとみんな携帯をかざしてました。





 ↓ 「町家通り」から路地を見ると、何やら階段が・・・。上ると丁度100段!計算して作ったのでしょうか。(ハーッハーッ!)
     
 100段の階段を上った先は、今伊勢神社と、清盛ではなく、毛利元就の厳島合戦の舞台となった宮尾城跡でした。
ここからは、瀬戸内海と宮島の家並が見えます。


        宮島再発見が出来た1日でした。